スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五所川原立佞武多(ごしょがわらたちねぷた)

ねぶた(ねぷた)といえば、青森や弘前が有名ですが、最近復活したねぶた(ねぷた)があります。

それが、五所川原立佞武多(ごしょがわらたちねぷた)です。ねぶた(ねぷた)の名前の由来にはいろんな説がありますが、津軽弁で「眠たい」→「ねぷてぇ」がなまって「ねぷた」になったというのが一般的な説。
青森では「ねんぶてぇ」というので「ねぶた」、なまりの違いです。
ねぷたの起源はむかし農民が忙しい農繁期に襲ってくる眠気を追い払うため、睡魔を船やとうろうなどにのせ川に流した「ねむり流し」という行事から発展し、祭りになったという説が一般的な説。

起源から復活までの軌跡

青森県を代表する夏祭り「ねぷた」は、古くは中国から伝わった「中元」の行事が起源といわれ、400年以上もの間、津軽地方を中心に受け継がれて来た火祭りです。その一角をなす五所川原市のねぷたは、現在「たちねぷた」と呼ばれたいます。この巨大ねぷたが、五所川原の記録に登場するのは、明治40年頃といわれています。

当時、県内にその名を轟かせていた「布嘉」などの豪商、大地主の力と象徴として、巨大ねぷたは高さを誇るようになり、約10~12間(約18~21・6m)に及ぶようになりました。その勇姿は、近隣の町村からも見えたと言われるほど巨大なものでした。この頃のねぷたの題材は、中国の三国志や歌舞伎などの歴史上の人物多かったと言われています。

しかし、大正時代になり電気が普及し、ねぷたは小型化の一途をたどりました。また、戦後に起きた二度の大火で街が全焼したことにより、設計図や写真が消失し、巨大ねぷたは姿を消しました。

ところが、1993年に当時の設計図と写真が発見され、翌1994年には市民劇団「橇の音」により高さ7mのねぷたが、復元されました。その後1996年に市民有志より「たちねぷた復元の会」結成され、1998年、80年ぶりに「五所川原たちねぷた」が復活をなしとげました。

1_20121028201033.jpg

2_20121028201909.jpg

7_20121028202014.jpg
6_20121028202000.jpg
5_20121028201951.jpg
4_20121028201939.jpg


上の写真が五所原立佞武多(ごしょがわらたちねぷた)です。

五所原立佞武多(ごしょがわらたちねぷた)と違うのは、ねぷたは高さ5m 重量4tですが、立佞武多は高さ最大のものは22m(ビルの約3階位の高さです。) 重量17tです。ねぷたの高さ重量とも約6倍なので近くで見るとあっかんです。

最近では、キャラクターの立佞武多が作られているようです。

11_20121028202043.jpg

「機動戦士ガンダム」の立佞武多

10_20121028202025.jpg

「桃太郎電鉄シリーズ」の桃太郎たち&キングボンビーの立佞武多が出陣して話題になりました。

今は一年中立佞武多が見れるように、「立佞武多の館」出来ましたので、ぜひ一度見てみてはいかがでしょうか。

                                               T・K

テーマ : その他
ジャンル : その他

がんばったプール

 今年の夏は大変熱かったので、休みの日にはうちの子を連れてプールによく行ってきました。

 最初のころは、水に顔もつけられなく泣いていてた我が子、学校のプールにも入りたくないと言っていたのに、

 ある日、「私、顔をつけられるようになった。」と言ってきた。

 「 どうして、できるようになったの??? 」と聞いてみたら、  「 友達から教わった。」と。
 
 具体的には教えてもらわなかったが、早速休みの日にプールに行くと、笑顔で楽しそうに自慢してきた。

 夏休み、最後の日曜日には、バタバタしながらも前に進むように、なってきた。

 がんばれば、できるものだと感心した。


 だが、下の子はさすがに、浮き輪からは、はなれなっかた。      鈴木


 

私は以前、約20年間ほどバイク・自動車部品の製造関係の仕事をしてきました。この仕事に携わるまではバイクに興味があった訳ではなく、就職先が部品を作る会社でした。そこで部品の試作・立ち上げ等の仕事に携わりました。その影響もあり、職業病というか、つい町中でバイクを見かけると、各部品に目が移っていました。そこで、色々な良し悪しを考えている自分がいる事に気づかされました。(他社の製造方法と見比べている)
しかし、今は野火止製作所に入社してバス通勤をしていますが、職業病は恐ろしいもので、つい町中の看板に目が移ってしまいます。そこで、看板等を見ただけで製造方法が分かるようになっていきたいと思います。

今日の担当:MN

テーマ : 人生を変えたい!
ジャンル : ビジネス

子供の話し

自分には、
8歳になる子供と、3歳になった
二人の子供がいます。


最近、どこかに出かけた帰り道に、
奥さんと、子供の話しになるのですが

上の子の時は、
生まれてから3歳になるまでは、
自分に余裕がなく、時間に追われ
子供とのかかわりもなく、
日々、忙しく毎日が過ぎていくだけでしたが、

下の子の時は、
生まれてから3歳になるまでの時間は、
上の子の時と真逆で、
自分に余裕ができ、
ゆっくりとした時間の中で、
子供の成長を見たり、
新しい一面が見れているような気がします。

同じ三年間でも
余裕のアリ、ナシで
流れている時間の感じ方が全然違うことを
実感しました。


今週の担当 俺さま  でした。

社会見学

東京スカイツリーとソラマチ

先週の平日に、東京スカイツリーとソラマチの見学に行った話です。
うちの一部門のSIGN部門で製作したものが多数施工されているのを見に行きました。

平日の午前中で、たまたま一般開放の当日に当たったこともあり特別列車での移動になり
ましたが、車内はがらがらでゆったり移動できました。

駅について移動するとすぐ壁面に付いた信用金庫も切り文字が現れました。
20120711_111527_convert_20120726185152.jpg

かなり迫力のある壁面装飾です!! 大きい声では言えないですが、うちで切らせていただきました。
こんなコンセプトです。
20120711_112116_convert_20120726185456.jpg

携われることに喜びを感じます!!

ソラマチ内部もかなりの込みようでしが、最近のサインの動向を見て見るとほんと多種多様です。
うちで製作したものもありますが、うちではまったく手を出せないものを多数ありました。

うちで作ったものでいろいろ写真は撮りましたが、のっけてよいのか分からないのですいませんがのせません。


買い物に行くのとは違い品物を見るという目で見てみるといろいろなことが見えてきた気がします。
やはり現場に行って直接見ることの大切さを思い知らさせました!!


そんな中、野火止製作所としてこれからの展望等を長い目で考えるとやはり、サイン分野でも
オリジナルであって、スタンダードになっていく物を創造し製作していけたらなお
楽しくなっていくと感じも皆さんにお伝えしました。

以上

Kでした。

20120711_112219_convert_20120726185629.jpg

テーマ : ものづくり
ジャンル : ビジネス

プロフィール

野火止製作所

Author:野火止製作所
ホームページはこちらからどうぞ

~加工について~
《材料》
 アクリル、鉄、ステンレス、アルミ、ベニヤ、MDFなど
《製品》
 看板、モニュメント、ノベルティ、店舗什器、 機械部品など

カテゴリ
最新記事
アクセス数
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。