FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロボット

NHKの朝のニュ-スでロボット特集の放送を見ていて以前にHONDAの
技術研究所に行った事を思い出したのでその時の話をしたいと思います。

HONDAのロボットといえば、二足歩行ロボットのASIMOです。
以前にツインリンク・モテギで展示しているASIMOは見たことは有りました。今回は研究所で開発責任者の方にASIMOを実際に見せていただく機会が出来ました。ただ見せていただくだけでなくなく、なんとASIMOにコ-ヒ-を持ってきてもらう事になりました。

私の目の前に実際に歩いて近ずいて来るASIMO。
そしてコ-ヒ-が私の前に来ました。

ほんの少しですが会話をする事も出きました。
忘れられない一杯のコ-ヒ-になりました。
いい体験をさせていただき、たいへん感動しました。

今後の日本は高齢者社会が進み、介護や、物作りなどはロボットなしには考えられない時代が近い将来やってきます。
日本の未来はロボット技術にかかっていると思っています。

今日の担当:M

テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

不思議な体験

はじめまして、Tです。出身が青森県で、山奥の田舎で高校生まで暮らしていました。 

この話は、自分(T)が小学校5年生の時に不思議な体験をした話です。

不思議な体験をしたのが、小5の夏休みのことです。

実家の裏には用水路ありまして、左を向くとため池があり、右を向くと山があります。

ため池には水遊びをしたり、山にはカブトムシを取りに行ったりした遊んでいました。

ため池から山までは一本道です。ため池の距離は家から時間にして5分位、山の距離も5分

位の所にあります。

その日も、いつもと変わらず友達5~6人で、ため池でしばらく遊んで、カブトムシを取りに行く

ために山に向かいました

山を登ること約5分でカブトムシが取れる場所につきます。さらにそこから約2~3分行きますと

少しひらけた場所につきまして、そこからはため池が一望できます。

そこに着いたら、友達の一人が「池に何か居る」と叫んだので、一斉に池の方に目を向けました。

さっきまでため池で遊んでた時は、誰もいなかったのに、たしかに池には、何かが泳いでいました。

山の上から見ているので、はっきりとは分からなかったのですが、動物にしては、大きいし、

人にしては、色が黒かったので、何かわかりませんでした。

しばらく様子を見てみんなで考えました。

友達の一人が「河童かもしれない」と言い出したので、あわてて山を下りて池まで行って見ました。

そしたら誰もいなかったのです。山からは一望できるので誰か通ればすぐわかります。

しかし、しばらく様子を見ていた時は誰も通っていなかったはずです。

山から池まで約6分で着いたので誰か通ればすれ違うはずなのに誰とも会っていません。  

少し怖くなり祖父にそのことを話したら「そんなの居るはずがない」と言われました。

誰に聞いてもいないと言われました。とても不思議で怖い体験でした。

この事だけは、23年たったいまでも覚えています。

下の娘(中学生)が趣味で通っている音楽教室の発表会が毎年一回あるのだが、
ここ数年、特に、一緒に共演出来たら楽しいだろうな・・・と、発表会での演奏を聴きながら強く思うようになった。

自分は30年近く前に、Rock'n Rollのバンドを組んでいたことが有り、娘の演奏に触発され、長い休止期間を終えまた演奏活動を再開したくなった。

クラシックのピアノ(娘)&ロックンロールのギター(自分)の共演・・・まずありえないのだが・・・先日、遂に!
CALOLの曲で実現した!

とは言っても夢の中で・・・。しかもサビの直前で目が覚めてしまった・・・(涙)

なんかもやもやする!

夢で良いから今度はフルコーラスの共演をしたいものです。そしていつかは、現実に共演できることを願う今日この頃であります。

今日の担当:I

テーマ : 人生を変えたい!
ジャンル : ビジネス

愚痴が増えてきました

ゴールデンウィークに私が住んでいる府中のくらやみ祭に行ってきました。

そこで、偶然、昔の友人と久しぶりに再会しました。

その後、飲みに行き、皆それぞれ愚痴をこぼし合ってきました。

歳をとるに従って、皆、愚痴が多くなってくるなぁ~、っと感じます。


今日の担当: K




テーマ : 人生を変えたい!
ジャンル : ビジネス

カマキリの脱皮・羽化

こんにちは。久々にブログ記事を担当します。
今日は、日々飼育しているカマキリ達を見ていて脱皮・羽化のときいつも感じることを書きたいと思います。

1_20120524170635.jpg
Photo.1 ハナカマキリの幼虫

カマキリは不完全変態する昆虫なので、蝶やカブト虫のような劇的な姿の変化はないですが、何度見ても
神秘的で魅力的です。

2_20120524170634.jpg
Photo.2 羽化するハナカマキリ

脱皮しているときの透き通った体は本当に美しいです。(photo.2)


3_20120524170634.jpg
Photo.3 ハナカマキリの成虫

脱皮直後の瑞々しさは月日が経つにつれて失われていく(Photo.3)ので、脱皮後の瑞々しさは極わずかな
間だけ堪能することができます。


4_20120524170633.jpg
Photo.4 羽化直後のパラドクサ( ゴーストマンティス )

Photo.4はパラドクサというカマキリで、写真のように非常に複雑な姿をしていますが、ちゃんと、
綺麗に皮を脱ぐことができます。


5_20120524170632.jpg
Photo.5 脱皮直後のハナカマキリ

脱皮の不思議な所は、脱皮すると脱皮前よりも遥かに大きくなることです。人間や犬や爬虫類ですと、日々接していると成長しているのに気づきにくく、久しぶりに会った人に「大きくなったね!」などと言われていつの間にか
大きくなっているのに気づくことが良くありますが、カマキリの場合、脱皮の度に急激に大きくなるので、日々一緒に暮らしていても成長しているのが良く分かります。

さらに不思議なのは、何かの事故で足や爪を失っていても、脱皮することで、再生することができます。これは、
本当に不思議で、脱皮前まで根本から無かった足が脱皮後、やや小さいながらもちゃんと爪の先まで再生していたりします。この足は今までどこに隠されていたのかと驚いてしまいます。

6_20120524170702.jpg
Photo.6 脱皮時、うまく皮が脱げなかったため前足が曲がってしまったハナカマキリ

神秘的で魅力的な脱皮・羽化ですが、当の昆虫達にとっては、死と隣合わせの非常に危険なイベントです。
脱皮中の体は非常に柔らかく、脱皮後時間が経つと活動できる強度になるのですが、脱皮がうまく行えず、
体が柔らかい間に完了できなかったために、皮から抜け出る途中で体が固まってそのまま死んでしまったり、
脱皮は葉などにしっかり掴まってうまく古い皮から柔らかい体を引き抜くのですが、この掴まりが不完全で途中で落ちてしまい、手足体が曲がってしまって、捕食活動できなくなり死んでしまったり・・・
脱皮の失敗はほぼ死に直結していると言えます。


Photo.6はうちのカマキリですが、脱皮の際、うまく皮が脱げなかったため前足が曲がってしまいました。
後ろ足もやや障害がでてしまいましたが何とかぶら下がれる状態となりました。

7_20120524170701.jpg
Photo.7 羽化失敗で自ら捕食活動ができないカマキリへの人工給餌

脱皮の際、多少の障害が出てもうまく行けば、次の脱皮時に矯正できることもあるのですが、今回は、曲がった前足がさらに羽化の際に引っかかって、体全体が曲がった状態となってしまいました。この状態では食事を自ら行うことができないばかりか、歩くこともできません。幸い、この状態になったのが羽化だったので、これ以上脱皮が起こらないため、食事さえ取れれば命をつなぐことができます。当初がパニック状態でしたが、日が経つにつれて落ち着いてきました。食事もピンセットを使って口元へ持っていくことで何とか食べることができます。

脱皮は一回の失敗で今まで健康体であったのにアッという間に死や重度の障害が生じてしまう危険出来事です。
脱皮中はとても綺麗なのでついつい写真を撮りたくなってしまいますが、なるべく気をちらつかせないようソッ
とするようにしています。そして、飼い主もドキドキしながら見守り、無事完了する度にホッとしながら、神秘的な脱皮を鑑賞しています。


今日の担当:TN


テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

野火止製作所

Author:野火止製作所
ホームページはこちらからどうぞ

~加工について~
《材料》
 アクリル、鉄、ステンレス、アルミ、ベニヤ、MDFなど
《製品》
 看板、モニュメント、ノベルティ、店舗什器、 機械部品など

カテゴリ
最新記事
アクセス数
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。