FC2ブログ

五所川原立佞武多(ごしょがわらたちねぷた)

ねぶた(ねぷた)といえば、青森や弘前が有名ですが、最近復活したねぶた(ねぷた)があります。

それが、五所川原立佞武多(ごしょがわらたちねぷた)です。ねぶた(ねぷた)の名前の由来にはいろんな説がありますが、津軽弁で「眠たい」→「ねぷてぇ」がなまって「ねぷた」になったというのが一般的な説。
青森では「ねんぶてぇ」というので「ねぶた」、なまりの違いです。
ねぷたの起源はむかし農民が忙しい農繁期に襲ってくる眠気を追い払うため、睡魔を船やとうろうなどにのせ川に流した「ねむり流し」という行事から発展し、祭りになったという説が一般的な説。

起源から復活までの軌跡

青森県を代表する夏祭り「ねぷた」は、古くは中国から伝わった「中元」の行事が起源といわれ、400年以上もの間、津軽地方を中心に受け継がれて来た火祭りです。その一角をなす五所川原市のねぷたは、現在「たちねぷた」と呼ばれたいます。この巨大ねぷたが、五所川原の記録に登場するのは、明治40年頃といわれています。

当時、県内にその名を轟かせていた「布嘉」などの豪商、大地主の力と象徴として、巨大ねぷたは高さを誇るようになり、約10~12間(約18~21・6m)に及ぶようになりました。その勇姿は、近隣の町村からも見えたと言われるほど巨大なものでした。この頃のねぷたの題材は、中国の三国志や歌舞伎などの歴史上の人物多かったと言われています。

しかし、大正時代になり電気が普及し、ねぷたは小型化の一途をたどりました。また、戦後に起きた二度の大火で街が全焼したことにより、設計図や写真が消失し、巨大ねぷたは姿を消しました。

ところが、1993年に当時の設計図と写真が発見され、翌1994年には市民劇団「橇の音」により高さ7mのねぷたが、復元されました。その後1996年に市民有志より「たちねぷた復元の会」結成され、1998年、80年ぶりに「五所川原たちねぷた」が復活をなしとげました。

1_20121028201033.jpg

2_20121028201909.jpg

7_20121028202014.jpg
6_20121028202000.jpg
5_20121028201951.jpg
4_20121028201939.jpg


上の写真が五所原立佞武多(ごしょがわらたちねぷた)です。

五所原立佞武多(ごしょがわらたちねぷた)と違うのは、ねぷたは高さ5m 重量4tですが、立佞武多は高さ最大のものは22m(ビルの約3階位の高さです。) 重量17tです。ねぷたの高さ重量とも約6倍なので近くで見るとあっかんです。

最近では、キャラクターの立佞武多が作られているようです。

11_20121028202043.jpg

「機動戦士ガンダム」の立佞武多

10_20121028202025.jpg

「桃太郎電鉄シリーズ」の桃太郎たち&キングボンビーの立佞武多が出陣して話題になりました。

今は一年中立佞武多が見れるように、「立佞武多の館」出来ましたので、ぜひ一度見てみてはいかがでしょうか。

                                               T・K

テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野火止製作所

Author:野火止製作所
ホームページはこちらからどうぞ

~加工について~
《材料》
 アクリル、鉄、ステンレス、アルミ、ベニヤ、MDFなど
《製品》
 看板、モニュメント、ノベルティ、店舗什器、 機械部品など

カテゴリ
最新記事
アクセス数
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ